一般社団法人 九州学士会












公 開 講 座


九州学士会では毎月1度、例会を開催しております。
一般の方も、お気軽にご参加下さい。








5月16日に発生した大分県豊後大野市朝地町綿田地区の地すべりは、現在、発生後間もなくよりも規模を拡大しているようです。
ところで、地すべりは山間地ばかりでなく、都市内でも起きるのです。
本講演では、綿田地すべりについて、その原因に熊本地震が関係しているとする私論を展開し(講師出演のテレビ番組を上映)、85年7月発生の長野市地附山地すべり(26人死亡)ほかを紹介ののち、都市内地すべりについて福岡、長崎の実例を通して、「応力解放」の観点から注意を促すとともに、能登半島千枚田地区、岩手・青森両県を結ぶ八戸自動車道におけるユニークな地すべり対策工法を紹介します。
地すべり地にうまい米あり、うまい酒あり


【講演会会場】

九州学士会事務所(天神ビル8階)地図はこちら

参加のお申し込みは、準備の都合上、必ず2日前 迄に事務所までお願い致します。

講 演:  会員 無料 / 一般 500円 

一般社団法人 九州学士会

〒 810-0001 福岡県福岡市中央区
天神2丁目12番1号 (天神ビル8階)
電話:092−721−3327  FAX:092−402−3351